サプリメント選び

上質ローヤルゼリーの産地

ローヤルゼリーに限らないですが、その商品の質を決めるのはやはり原材料がどこで産出されているかによります。
質の高い材料を用いて作られたものは必ず良質な商品になることができるのです。

ローヤルゼリーでもこれは同じであり、天然でとれるローヤルゼリーの質が高いか低いかで決まります。


製品化された時の質にそのまま直結するようになります。
よって、どこの産地のローヤルゼリーであるのかということは、購入するときにもしっかりと認識しておかなくてはいけないことなのです。


日本の場合はそのほとんどを輸入に頼っています。

それはローヤルゼリーを自力で生産できるような環境が整っていないからです。

質の高いローヤルゼリーを生みだすには、温暖な気候と豊かな自然環境が必要となります。

日本に輸入されてくる主な産地は中国と台湾です。

他にも、タイやオーストラリア、ニュージーランドからも輸入はされて来るのですが、
輸入をするのに時間がかかりますし、数も少なく希少価値が高いためコストが掛かってしまいます。


中国の場合は距離が近いので輸送のコストはほとんどかかりませんが、
中国は環境が破壊されていて汚染が今でも進行している国です。
ニュース等でも食の安全性の話題になると必ず中国に関する話題を耳にすることが多いでしょう。

なので中国産であるというだけで敬遠してしまう方は多いでしょう。
できるならば、中国産の食品は避けたいと考えるのはしかたのないことです。

そのような状況の中で一番質の高いローヤルゼリーがとれるのが台湾なのです。

台湾は気候が温暖であり、1年中安定しています。
冬にでも花や自然が咲き乱れていて、蜜蜂にとっても暮らしやすい気候となっています。
このような環境なので台湾産のローヤルゼリーは上質なものばかりとなるのです。

上質なローヤルゼリーを購入したいと考えている方は、是非とも台湾産に注目をしましょう。